寝屋川南病院ケアセンターの建物の一部が解体されてる。拡幅が進む府道18号線沿い

長栄寺町の介護施設「寝屋川南病院ケアセンター」の建物の一部が解体されています

運営を継続しながら、工事が行われている模様です。

場所は京阪寝屋川市駅から府道18号枚方交野寝屋川線を西へ行き、寝屋川南病院前まで来たところです。

反対側の寝屋川市駅方向を振り返ると、こんな感じ。

寝屋川南病院の向かい側の路地に入ったところにあるのが、寝屋川南病院ケアセンターです。

解体されているのは、建物の左端です。この部分は都市計画道路対馬江大利線の整備事業(府道18号線の拡幅事業)の用地にかかっているので、その影響とみられます。(計画図面のp.1〜2を参照)

※写真左が長栄寺、右が寝屋川南ケアセンター

府道18号線沿いでは、沿道に更地が増えてきています。

寝屋川市の資料(PDFファイル)によると、都市計画道路対馬江大利線の整備事業(寝屋川市駅〜高柳交差点)における2022年5月末時点の用地取得率(面積)は、93.7%に達しているとのこと。

【地図】

【関連記事】

<大利橋に関連した記事>
準備工事の予告(2020年12月)
西口広場のモニュメント「黎明」の移設(2021年1月)
大利橋の拡幅工事が着工(2021年2月)
大利橋付近の通行形態が変更(2021年5月)
大利橋西口交差点前のビルの解体(2022年3月)
大利橋の拡幅部分の橋台が完成(2022年5月5日)

※情報提供はこちら