大利橋の拡幅部分がほぼ完成してる。下流の作業桟橋と仮橋も撤去された状態に

寝屋川市駅西口の寝屋川に架かる「大利橋」の拡幅部分がほぼ完成しています。

※東大利町側から撮影

大利橋は都市計画道路対馬江大利線の整備事業(府道18号線の拡幅事業)に伴い、2021年2月から橋を下流側に広げる工事が行われてきました。(計画図面の最終ページを参照)

<大利橋に関連した記事>
大利橋の拡幅準備工事の予告(2020年12月)
西口広場のモニュメント「黎明」の移設(2021年1月)
大利橋の拡幅工事が着工(2021年2月)
大利橋付近の通行形態が変更(2021年5月)
大利橋の拡幅部分の橋台が完成(2022年5月5日)
大利橋の橋桁の工事が進行中(2022年5月21日)

5月上旬の時点では拡幅部分の橋桁がまだない状態でしたが、2ヶ月の間にだいぶ工事が進んだようです。

※寝屋川市駅側から撮影
※東大利町側から撮影

新しい橋桁は元からある橋桁につながり、アスファルト舗装が完了しています。

※手前が迂回用の仮橋。仮橋と大利橋の間が作業桟橋(2021年5月撮影)

下流側にあった作業桟橋と迂回用の仮橋(上の写真)も、

撤去されているのが分かります。

仮橋や大きなクレーン車などがなくなったことにより、駅方向が見渡せるようになっています。

寝屋川市によると、7月末頃に南側の拡幅部分の工事が完成した後、一旦工事着手前の南北に歩道がある状態に戻る予定です。

歩道が通れるようになったら、再びお伝えしたいと思います。

【地図】

【関連記事】

※情報提供はこちら